男性医師
これまで普通にセックスができていたのに、最近いつもと少し違うな。そんな経験はありませんか?これから挿入という場面や、挿入している最中に勃起力がなくなってしまう。それ、中折れかもしれません。では、中折れはなぜ起きてしまうのでしょうか?また。そんな中折れを改善するためには、一体どんな処置が必要なのでしょうか?
目次

セックスをしていて前戯が終わり、いざ挿入という時に男性器が勃起力を失ってしまう、いわゆる中折れという現象は男性にとっては屈辱的ですし経験したくないものです。
中折れを引き起こす原因は一つではなく多岐にわたります。
改善させるためには原因をしっかり把握し、原因に有効とされる改善策を実践しなければいけません。
そして男性にとって気になるのが女性はどう感じているかです。
女性は途中でセックスできなくなった時、どのような気持ちになっているのでしょうか。

中折れの原因とは?

中折れする原因は一つだけではありません。
そして時には本格的に病院での治療が必要になる場合もあります。
中折れする原因にはどのようなことがあるのでしょうか。

まず世間一般的に中折れする原因だと考えられているのが疲れが溜まったことによるものです。
ストレスが溜まっているイメージ実際に毎日の仕事が忙しすぎた場合などには中折れするリスクが高くなります。
疲れが溜まると脳は目の前のセックスに集中するよりも、むしろ早く体を休めて眠りたいと考えるようになります。
その結果感度も下がるので勃起力を維持できなくなるのです。

特に生まれて初めてのセックスに多いのですが、緊張しすぎることも中折れの大きな原因の一つです。
先ほどの疲れとは全く逆で目の前のセックスに集中しすぎ、失敗しないように女性を満足させなければという意識が強くなりすぎて緊張することで勃起力が維持できなくなることが多々あります。

適度のアルコールは気分が高揚し、セックスに対する意欲も上がって勃起しやすくなります。
ところが飲みすぎた場合は逆に中折れのリスクが高くなります。お酒を飲みすぎた場合は脳の中の神経がマヒします。
すると性的興奮を感じたときに脳からの勃起させるための信号が鈍るので、勃起力に影響が出るのは当然です。
さらに血液の流れを良くする効果がお酒にはありますが、飲み過ぎると血液の流れが良くなりすぎて海綿体に血液が溜まらなくなって勃起を持続できなくなるのです。

中折れする原因で最も気を付けなければいけないのが毎日の生活習慣です。
勃起させるためには先ほども少し触れましたが海綿体にたくさん血液が流れている必要があります。
ところが生活習慣の悪化、特に脂質を取り過ぎる食事によって肥満気味の場合は血管の中の血液が通る道が脂肪分や動脈硬化によって狭くなっています。
すると海綿体に流れる血液の量が少なくなって勃起力を維持できなくなります。
よく肥満の人は男性器が弱いと言われますが、これはあながち迷信でもなんでもありません。医学的根拠に基づいた事実です。

マンネリも原因としてあるでしょう。
パートナーとセックスの回数を重ねていない場合は相手の反応やシチュエーション、どれもが新鮮で性的興奮はものすごいものがあります。
ところが同じ相手と同じような場所でセックスをすればどうしても性的興奮は少なくなり、勃起力も低下します。
男性というのは飽きやすい生き物です。

中折れはどうしたら改善できる?

以上のように中折れする原因にはいろいろなものがあります。
中折れというのは男性にとっては恥ずかしいものなので、誰でも改善しなければと考えます。
ところが中折れする原因を知らなければ適切な改善策をとることができません。
中折れの改善は闇雲に行っても時間を無駄にするだけです。

疲れが原因の場合、取れる対策はただ一つで疲れをとるように生活習慣を改善するのみです。
疲れをとるためには十分な睡眠時間が必要です。
自分の睡眠時間を見直し、5時間を切っているようであれば睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

お酒を飲み過ぎた場合も取れる改善策はお酒の飲み過ぎに注意することだけです。
お酒の適量は人それぞれ違いますし、同じ人でも体調によって変化します。
お酒による中折れを確実に避ける方法、それはセックスをする日はお酒を飲まないようにすることです。

メンタル面が原因による中折れは改善がかなり大変です。
まずは緊張しすぎることが原因になっている場合ですが、あまりにセックスを成功させようという意識が強すぎると感度が鈍ります。
男性器を勃起させるためには性的興奮を十分に得ることも重要ですが、それと同時に脳内がリラックスしている必要があります。

もし緊張していることを自覚した場合、少し深呼吸してみましょう。
中折れは焦れば焦るほど勃起からは遠ざかります。
深呼吸は焦りを抑えて心をリラックスさせる効果があるので、冷静になると勃起力が回復します。
最後までセックスすることが出来ればメンタル面は改善されるでしょう。

一方、マンネリの場合ですが、改善策はシチュエーションを変えたり、プレイ方法を変えたりといった今までにないセックスにチャレンジしてみることが有効です。
新しいセックスにチャレンジすることでセックスに対するテンションが高くなります。
マンネリを改善させるには相手の女性の協力も必要です。お互いにアイデアを出し合うようにしてみましょう。

生活習慣が原因による中折れの場合は早急な改善が必要です。
特に食生活を見直し、摂取している栄養が偏っている場合はバランスよく栄養を摂取するように心がけましょう。
外食がメインの人は栄養が偏りやすいので要注意です。
肥満気味の人は毎日の生活習慣に運動もとりいれるようにしてください。
生活習慣病を発症している可能性もあるので一度病院で診察を受けるようにした方が良い場合もあります。

中折れした時に対する女性の意見

男性からすると中折れという現象はとても不名誉であり、恥と感じる現象です。
勃起しなくなるとそれ以降セックスをすることができなくなります。
基本的にセックスは男性側から誘うものなので自分から誘っているのに最後までセックスして女性を満足させることが出来なかったことに対してものすごく焦りを感じます。

男性と話し合っている女性では女性は相手の男性が中折れした場合、どのように感じているのでしょうか。
これは一言で言い表すことはできません。その女性と男性との立場によって感じ方が違ってきます。

例えば出会い系サイトで知り合ったり、ナンパがきっかけで知り合ってその日にセックスをしたりなどお互い遊びのつもりで出会っている場合。
この場合、女性側は相手の男性に対してそれほど愛情を感じていないため、中折れしてセックスが出来なくなった男性に対して向こうから誘ってきたのに最後までセックスできないことにガッカリし、つまらない男だと幻滅することが多いです。
辛辣な言葉を浴びせることも時にはあるでしょう。

ところが、これがお互い恋人同士で尚且つ、長い間付き合ってきている場合だとかなり勝手が違ってきます。
しかも今までは普通にできていたのにある日突然中折れした場合、相手の女性は基本的に男性に対して怒るようなことはめったにありません。

初めて中折れをした場合は、毎日仕事で忙しいから疲れているのかなと感じるでしょう。
それだけで以降普通にセックスできるのであればそれ以上何も思うことはありません。
ところが2回目の中折れを体験した場合は疲れかなと考えるほかに、回数を重ねてきたことによってマンネリ化したのかと考えたり、もしかすると浮気をしているのではと疑念を抱きだします。
更に中折れを繰り返すと今度は病気なのかと心配になり、どんななぐさめの言葉をかければいいのだろうと悩むようになります。

女性は男性が中折れしたことに対して男性自身以上に冷静にとらえ、その原因を知ろうとして相手の男性を慰めようと考えます。
ですから、女性が男性に対して中折れしたときに感じていることは、中折れした原因をしっかりと説明してほしいという事です。
説明を受けることで納得し、どのようになぐさめれば良いかもわかるようになるからです。

そしてもう一つ、無理に最後までする必要はないという意見もとても多いです。
むしろ潔く止めてくれたり、手や舌による前戯を頑張ってくれた方が女性からの評価はとても高くなります。