男性医師
これまで普通にセックスができていたのに、最近いつもと少し違うな。そんな経験はありませんか?これから挿入という場面や、挿入している最中に勃起力がなくなってしまう。それ、中折れかもしれません。では、中折れはなぜ起きてしまうのでしょうか?また。そんな中折れを改善するためには、一体どんな処置が必要なのでしょうか?

シアリスの魅力はその効果持続時間!

シアリスは有効成分としてタダラフィルを含むED治療薬です。
食事の影響をあまり受けず、持続時間が非常に長いという特徴があります。
ジェネリック医薬品としてメガリスなどがありますが、成分は同じタダラフィルなので効果や副作用は同様です。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内でゆるやかに吸収されます。
効果が最大になるまでの時間には個人差がありますが、概ね3時間ほどとされています。性行為の3時間前が理想的な服用タイミングです。
水かぬるま湯で服用しますが、少量のアルコールで服用することもできます。

シアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬なので、服用前に800kcal以下の食事を摂っても問題はありません。
空腹時に服用すると効果が高まるので、食後は2時間ほど間隔を空けます。
脂肪分の多いファーストフードなどを食べた場合には、6時間ほど間隔を空けると効果的です。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。一般的な病院でのED治療には、主に10mgか20mgが使用されます。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間です。

タダラフィルは効果が現れるまで3時間ほど必要ですが、ペニスを自然に勃起させることができます。
副作用の現れ方もゆるやかです。
シアリスを服用して実際に副作用が現れるのは全体の3割ほどとされます。
タダラフィルにはめまいや頭痛、ほてり、鼻づまり、消化不良などの副作用が存在します。
シアリスは効果がゆっくりと現れるため副作用を発症しにくく、実際に発症しても症状は基本的に軽いので問題はありません。
体に負担をかけずにED治療ができます。

シアリスは食事の影響を受けにくく、持続時間が非常に長いのが特徴です。
20mgの錠剤は最大で36時間も効果が続きます。
金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼まで効果が持続するため、ウィークエンドピルとも呼ばれます。
持続時間が長く何度も服用する必要がありません。シアリスは使いやすいED治療薬なので人気があります。

シアリスジェネリックのメガリスとは

シアリスの有効成分はタダラフィルです。
吸収率の悪い成分で、性行為を行うよりも3時間程前に服用タイミングとして考えてください。
そこからゆるやかに溶けて効果を表していきます。
自然な勃起や、最長36時間という持続時間が他のED治療薬にはない魅力です。
ゆるやかな効果は副作用もゆるやかに現れるため、3割程度の方に頭痛やほてりが出る程度です。
9割以上に発生する第1・第2の薬とは違うのです。

使いやすいことから愛用している方も多いでしょうが、シアリス20mg錠1錠は2000円程度、決して安いとは言えず愛用が難しいという方も多いでしょう。
そこでおすすめなのがジェネリック医薬品なのです。
第1第2の薬でED治療薬に対する認知度は高まっていたとはいえまったく異なる特徴を持つ第3の薬・シアリス、その開発には膨大な期間とコストがかかったでしょう。
他とは違って持続時間の長さを特徴としているからこそ周知を理解してもらうため販売宣伝費もかかっています。

そういった費用込みでのお値段だからこそ2000円というのはしょうがない金額なのです。
ですが、ジェネリック医薬品であればまったく同じ有効成分が使われており、しかもすでにシアリスの特徴や使い方は周知徹底された後です。
そのため開発費や宣伝費はさほどかからず売ることができる、それがジェネリック医薬品・後発医薬品の強みです。

おすすめはインド製のメガリスです。20mg錠のお値段、500円から700円程度ですから半額以下です。
10mg錠であれば500円以下と破格の金額で、これなら手軽に愛用することが可能です。
ただこれは日本の病院で処方してもらうことはできません。個人輸入代行業者を通じて自身でインドから買うしかないのです。