男性医師
これまで普通にセックスができていたのに、最近いつもと少し違うな。そんな経験はありませんか?これから挿入という場面や、挿入している最中に勃起力がなくなってしまう。それ、中折れかもしれません。では、中折れはなぜ起きてしまうのでしょうか?また。そんな中折れを改善するためには、一体どんな処置が必要なのでしょうか?

中折れになったら考えたい、勃起持続を助ける勃起薬

中折れというのは、年齢による影響もありますが、実は身体の機能的な問題で起こる場合もあります。
その原因は、専門クリニックにいって診察を受けるとわかるのですが、まず治療をする場合でも、第一選択は勃起薬を使用するという方法になります。

例えば中折れは精神的に起こることもあります。
それらはカウンセリングなどで治療して勃起薬まで使用する必要がないのでは?と考える人もいるでしょう。
しかしながら、中折れという状態は、男性のコンプレックスを増加させることもありますし、精神的不安が悪循環を生んで更に状況を悪化させることもあるのです。

そのために中折れになったら、勃起持続を助けてくれる勃起薬を考えるといいのですね。
勃起薬の中には世界的にも有名なバイアグラやシルデナフィルといったものがあります。
特にバイアグラは世界初の勃起持続できる薬として、歴史は長いですしその効果効能には定評があります。

多くのEDの治療薬として第一選択されるバイアグラやシルデナフィルですが、その副作用には注意が必要です。
例えば心疾患がある人は、勃起薬を使用すると心拍数が上がった状態が継続するので、心臓に負担がかかります。
その結果副作用が出現する恐れがあるので注意が必要なのです。

また使用方法は、性行為の1時間前に服用するのが効果的です。
この時、出来れば食事の影響を避けるために空腹時で内服をしましょう。
そうするとだんだんと薬が吸収され、効果を最大限発揮したい時に勃起持続の効果を得ることができるのです。

中折れになったら、精神的に悩む人も少なくありません。
病院にいって相談するのも恥ずかしいし、男性としてもう終わりなのか?と思ってしまうこともあるでしょう。
しかしながら、悩んでいるよりもまずは勃起薬を試してみることがおすすめです。
きちんと効果効能と使用方法をしり、正しく服用すれば副作用は怖くありません。
むしろ効果が発揮されるので、自分にとってもパートナーにとってはよい影響をもたらしてくれるのです。

バイアグラの効果効能と副作用

中折れが気になる男性には、勃起持続に効果的なバイアグラがおすすめです。
バイアグラはシルデナフィルの成分を配合した世界初の勃起薬として有名であり、日本でもEDで悩む男性の間で高い注目を集めています。
バイアグラは中折れなどの症状の改善に効果的な治療薬ですが、使用時にはくれぐれも正しい用量・用法を守ることを心がけてください。
間違った使用方法を続けていると効果が期待できないだけでなく、さらに副作用があらわれることがあります。

バイアグラは性行為の1時間前に服用しましょう。
効果は服用後1時間半で最大になり、その後4時間から5時間程度効果が持続します。
逆算すると性行為の1時間前が、摂取のための最適なタイミングになるのです。
バイアグラの効果効能としては、勃起状態の改善や持続などを期待することができます。
ただし勃起効果はあくまでも性欲などの高まりに応じたものになりますので、性欲自体を感じていない場合にはバイアグラの勃起効果はあらわれないことになります。

さらにバイアグラは内服薬であるため、摂取の際には食事の影響を受けることになります。
食後すぐの胃に食べ物が入っている状態で摂取すると体内での成分の吸収が阻害されますし、特に脂分の多い食事は大きな影響を及ぼしますので、可能であれば空腹時の服用がおすすめです。
バイアグラの成分は摂取後30分程度でそのほとんどが体内に吸収されますので、摂取から30分を経過すればその後は食事をとっても問題ありません。
飲酒は少量であればリラックス効果によるEDの症状の改善が期待できますが、多量の飲酒はバイアグラの副作用を増加させる可能性がありますので、摂取時の過度の飲酒は控えるようにしましょう。